にゃっとの旅する自由帳

自分探しの旅は続くよ

アイルランドにきて最初にやったこと

アイルランドに到着して最初にやったことの覚書です。

1. WiFiパスワードを教えてもらう

ホストファミリー宅に着いたのが23:20くらい。移動に21時間ほどかかったので、シャワーを浴びる気力も荷解きをする気力もありませんでした。とりあえず、真っ先におうちのWiFiパスワードを教えてもらって眠りにつきました笑

2. プリペイドSIM購入

Three Prepay SIM

翌日、City CentreへSIMカードを買いにゆきました。
こちらに滞在している日本人の殆どが使っているであろう 3 Three です。

月€20のプランで内容はこんな感じ(2017年5月21日契約時)

  €20 top up
Data - Republic of Ireland All You Can Eat Data
Data - EU Roaming 5GB
Any network texts - ROI & EU Unlimited**
Three to Three Calls - ROI Unlimited**
Keep your top-up Use your top up credit as you like.

**€20 top up required every 28 days.

Prepay SIM Only | Three.ie

わたしは店頭で「プリペイドSIMが欲しいんだけど」と言ったら「€20のやつでいい?」と言われたのでそのまま購入しました。購入時に名前や生年月日を訊かれます。
「20分経ったらアクティベートしてね」と言われて終了。付属のピンを日本に忘れてきたので、お店のお姉さんにSIMを取り出すためのクリップをもらいました笑
その後は、家に帰ってSIMを挿し替えるだけで使えるようになりました。簡単☆

場所によってたまに電波状況が悪いときがありますが、特に困ったことはありません。

わたしはもともと日本でもSIMフリーiPhoneを使っていたので、SIMを挿し替えて使っています。同じ学校の日本人の子がスマホを2台持ちしていたので訊いてみると、SIMロック解除せずに渡愛してしまったそうです。日本のiPhoneこちらで買ったAndroidを使っていて不便そうでした。

渡航前には SIMロック解除 をお忘れなく!

ちなみに、わたしはiPhoneiPod touchの2台持ちです笑

3. レインジャケット購入

スーツケースに入り切らなくて、いろいろなモノを諦めました。主に冬物。
こちらに着いたときはとても寒くて、SIMカードを買ったついでにアウターを探しにゆきました。

THE NORTH FACEなどが置いてあるアウトドアウェアのお店を覗いてみたけどイマイチ心惹かれるものがなく、Outdoor Adventure Storeで2点ほど試着して、DARE2Bの Womens Seldom Jacket を購入しました。

DARE2B Womens Seldom Jacket

いちばん小さいサイズ(Size 10)でもちょっと袖が長いけど、なかなか気に入っています。
天気が変わりやすいアイルランドでは、レインジャケットはマストアイテムです!

4. 通学路の確認

さらに翌日の月曜日から学校に通うわけですが、ホームステイ先からはバスで通うことになります。

コークのバスはバス停に名前がありません!
さらには車内アナウンスもありません!
バスのタイムテーブルには途中数個のバス停の記載しかないし、ルートマップもありません!

 

 大 ざ っ ぱ す ぎ ! !

 

車内にバス停を表示するモニターがありますが、モニター自体が消えていたり壊れていることもしばしば。モニターがついていても、通りの名前がすべて同じだったりするとどこで降りればいいか判断できません笑

Bus No.215A

こればっかりは窓の外の景色を見て覚えるしかないです。
降りるときはストップのベルを鳴らさないと、乗降者がいないバス停は平気でビュンビュン通り過ぎます。なので、今でも慣れない場所へ行くときはGoogle Mapsでルートを追っています笑

バスの車内は無料WiFiが使えます。便利!(毎回ログインを要求されます

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

ダブリンからコークへの移動

ダブリン空港

アイルランドに到着した日にコークまで移動したときの話です。

わたしがアイルランドに着いたのは土曜日の夕方5時半。遅れることなくほぼ予定通りにダブリン空港に到着しました。

そこから滞在するコークまでバス ( Aircoach ) で移動します。バスは1時間に1本。ダブリン空港⇔コーク間は片道3時間半かかります。

Aircoach 時刻表

飛行機の遅延等がなければ 18:25 ダブリン空港発 → 22:00 コーク着 のバスに乗り、ホストファミリーにバス停でピックアップしてもらう予定でした。

空港の入国審査・バゲージクレームを終えて空港のビルを出たのが18時くらいだったと思います。本来なら余裕で18:25発のバスに乗れると思いますよね?
ホッとしたのもつかの間。乗り場近くのチケットスタンドで訊くと

 

「満員で乗れないから次のバスに乗って。
 チケットは1時間後からここで買えるから」

 

と言われました。

 

 まさかの!バスが満員で乗れないパターン!!

 

わたしはバスの予約をしなかったことを後悔しました。
時間があったので空港のWiFiを使って調べたところ、ネットでチケットを予約してもバスに乗れないことはあるらしいです。乗り場に来た人優先、みたいな。予約の意味とは…(謎

1時間後と言われましたが信用できなかった(失礼?)ので早めにチケットを買いに行きました。また満員で乗れないとか言われたら困りますからね!
到着したバスには「15人だけ乗っていい」とか言ってて意味がわからなかったけど、どうやらすぐに別のバスが来るようでした。よくわからないままチケットを見せて乗り込みました笑

 

学校からホストファミリー宅へのチェックインは23時までと聞いていました。
なので念のため、バスに乗り遅れたときのために近くのホステルを予約し、ホストファミリーにも事前に直接メールしてその旨を伝えましたが、メールの返信で「遅いバスになってもピックアップするから時間を教えてね」と言ってくれました(優しい

そしてホストファミリーに23時到着になると連絡を入れ、無事コークでピックアップしてもらえたのでした。

何かあったときのためにホステルはキャンセルしなかったので、一泊分 €23 の請求はありましたが、仕方ありませんね。
遅くに迎えに来てくれた家族には本当に感謝しています!

 

わたしがダブリン空港に到着したときは雨で、早速アイルランドの洗礼を受けた気がしていましたが、しばらくして虹が見れたので少し気分が和らぎました笑

にほんブログ村 海外生活ブログ アイルランド情報へ
にほんブログ村

現地医療保険

学校で加入した医療保険についてメモしておきたいと思います。

学校は ACE European Group Ltd という会社と提携しているようです。

補償内容はこんな感じ:

Medical Medical Expenses €1,000,000
Repatriation Expenses unlimited
Other Travel Expenses - incurred following death or illness of the Insured Person up to €20,000
Injury up to €50,000
Death €25,000
Permanent Disabling Injury up to €25,000

これはEEA(欧州経済地域)以外の65歳以下の生徒向けの保険で、€100でした。
医療費部分(=治療・救援費用)は十分補償されている感じですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村

海外留学保険のはなし

この週末、アイルランドは6月の第一月曜日がバンクホリデーで三連休です。
ホストファミリーに「出かけないの?」と訊かれますが、特に予定もないのでブログを書いています笑

渡愛準備の記事で少しだけ触れた海外留学保険について。

saoirse.hatenablog.jp

わたしは8ヵ月の学生ビザで渡航するので、9ヵ月を目安に検討していました。

パンフレットをもらったのは次の2社:

エイチ・エス損保は航空券をH.I.S.の店頭で購入したときに、AIUはお世話になっている保険会社の方に、それぞれパンフレットをもらいました。

どちらもパッケージプランで3つか4つしか選択肢がなく、価格帯は13〜22万くらいでした。

店頭(代理店)とオンラインの価格は違う

事前にネットでAIUの価格を調べていたのですが、もらったパンフレットとは保険料が違いました(一番安いものでも5万円くらい差がありました)。インターネット専用の保険料はオンラインで直接加入するしかなく、代理店の方は何もお手伝いできないとのことでした。

人件費を抑えてインターネット専用の保険料を安くする会社が多いみたいですね。

海外旅行保険で重視したこと

長期の海外旅行保険に加入するにあたり、わたしが重視したのは

  • 治療・救援費用
  • 携行品(生活用動産)1個あたりの限度額
  • 契約期間の変更のしやすさ

の3点。
*携行品と生活用動産は同じ扱いだそうです

なかでも一番重視したのは「携行品(生活用動産)1個あたりの限度額」でした。

なぜなら、渡航前に新しいパソコンを買ったからです。仕事用に使うMacBook Proなのですが、抑えめにしても20万円超えました(無金利24回分割)。支払いも終わっていないのに盗まれたり故障したりしたら目も当てられません。

携行品1個あたり10万円が限度額になっている保険も多く、当初一番有力候補だったAIUもそうでした。わたしは、携行品1個あたり20万円の保険に絞りました。

死亡保障については、生命保険があるのでそれほど重視しませんでした。
また、キャッシュレス提携病院についても、わたしが滞在するアイルランドのコークにはないので気にしませんでした。

オンラインで簡単見積もり!

結局その後、他の方が書いているブログ*1を参考にしてジェイアイ傷害火災保険の「t@bihoたびほ」にしました。

tabiho.jp

決め手は、

  • 資料請求しなくてもオンラインで簡単に見積もりができたこと
  • プランのカスタマイズができたこと

の2点でした。

わたしは保険を検討し始めたのがギリギリで、加入したのは渡航まで2週間を切っていました。プランをカスタマイズしながら価格をチェックできたのはとても助かりました。

最終的に加入した保険はこんな感じ:

tabiho カスタマイズプラン

合計保険料 (9ヵ月): 121,680円

思ったより安く抑えることができたと思っています。
*治療・救援費用を5,000万にするか3,000万にするかは最後まで悩みました

 

うちの両親は70代でまだまだ元気ですが、何かあったときに怖いので「緊急一時帰国費用」をオプションで付けました。気休めのようなものですね。使わなくてもそれはそれで安心できますし。

あと、「弁護士費用等」「テロ等対応保険金」は正直なくてもいいかなと思ったのですが、数百円の違いだったので付けておきました。

32歳までの方は「歯科治療保険」というのもオプションで付けられるようです。
*渡航後90日間は待機期間で支払対象外

 

保険料だけを考えると、日本ではなく海外の保険に加入する選択肢もあると思います。自分に何かあったときに保険の請求が英語でできる家族がいれば問題ないかもしれませんね。わたしには英語が話せる家族がいないので、やはり日本の保険に加入するのが安心かなと思いました。

「t@bihoたびほ」で留学用の海外旅行保険に加入すると「保険契約証」が2通郵送で届きます。1通は留守宅控えなので、家族に渡して安心して渡航できます。
また、マイページから契約内容をPDFでダウンロードしたり、契約内容の変更等もできます。便利!

 

この記事は、わたしが保険に加入した2017年5月時点の価格を参考に書いています。
みなさんもご自身にとって必要な補償をよく考えて最適な保険を選んでください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村

*1:ななさんのブログを参考にさせていただきました。ありがとうございます。
http://www.koalife7.com/2016/08/tabiho-hoken.html

お金を持ってゆく方法(海外留学の場合)

海外にいく際、みなさんはどうやってお金を持っていきますか?

わたしは海外にいくときは新生銀行のキャッシュカードを使っていました。

www.shinseibank.com

新生銀行の口座を開設した際に発行されるキャッシュカードは、そのまま海外でも使えるのです。「VISA」または「PLUS」マークの表示がある海外のATMで現地通貨を引き出すことができます。

短期の海外旅行はもちろん、2007〜2008年にロンドンに留学したときもこれでした。

口座には日本円を入れておいて、現地通貨を引き出す際に指定の金額(現地通貨)が日本円に換算されて円普通預金から引き落としされます。
これはこれでとても便利なのですが、換算レートは以下のように定められています:

Visaワールドワイドが定めるレートに4%を加算したレートで、引き出した金額(現地通貨)を円換算します。

また、海外ATMの利用に「所定の手数料がかかります」とあるので、レートや手数料を考えると長期滞在には向かないかもしれません。

Sony Bank WALLET

今回わたしがおすすめしたいのは「Sony Bank WALLET」です。

moneykit.net

わたしはもともとソニー銀行をメインで利用していました。為替レートが他の銀行と比べて良い印象があったからです(米ドルは新生銀行の方が良かったりします)
口座開設当時、外貨で引き出せるのは米ドルだけでした。それがいつの間にか外貨が10通貨に増えているではありませんか!

渡愛前にキャッシュカードからSony Bank WALLETへの切替えを申し込みました。
Sony Bank WALLETのサービスが開始されたのは2016年1月4日のようです。最近ですね。

Sony Bank WALLET とは?

Sony Bank WALLETは「ソニー銀行のキャッシュカード」と「Visaデビット」がひとつになったカードです。
*日本国内で使用するときは、キャッシュカードとVisaデビットのカード差込方向が違うので注意が必要です

11通貨(日本円+外貨10通貨)の預金口座と連動していて、外貨での支払いや「Visa」または「Plus」マークのある海外ATMで現地通貨を引き出すことができます。

外貨普通預金口座の開設

ソニー銀行で外貨の取引きをはじめるには、それぞれの通貨で外貨普通預金口座を開設する必要があります。
*オンラインですぐに手続きできるので問題ないです

海外ATM手数料

ショッピングでSony Bank WALLETを使う際の手数料は無料ですが、海外ATMでお金を引き出す際には 1回あたり 1.76% (税込) の手数料がかかります。

円からアシスト

「円からアシスト」は、外貨の残高が足りない場合に、円普通預金の残高から自動的に不足分の外貨を購入して支払いができる機能です。残高不足で支払いができないのを回避できるのは便利かもしれませんね。
*リアルタイムのソニー銀行為替レート(TTS)が適用されます

Visaデビット

クレジットカードを利用した場合、通常は月ごとにまとめて請求されますが、Visaデビットを利用した場合は預金口座から即時に引き落としされます。
海外では少額の買い物でもVisaデビットで支払いをするのが主流のようです。

Visaデビット支払い時の注意点

通常支払いをするときは何もしなくても現地通貨(アイルランドならユーロ)で決済されていましたが、たまに支払通貨の選択が必要なときがあるようです。
わたしの場合は、学校で医療保険の保険料を支払う際になぜか円に換算されていました。

 €100 → 13,139円(Conversion rate 131.38714 / Exchange rate 3.50%)

€1=125円いかないくらいのときだったので、600〜700円くらい手数料取られてますね。

わたしはPIN入力した後にレシートを見て気づきました。その場でスタッフの方に言ってユーロで支払いし直しましたが、取消してもらった円決済分の返金がまだありません…(いつなんだろ → 8日後に返金がありました!

みなさんも決済時にはPINを入力する前に通貨をお確かめください!

 

Sony Bank WALLETのメリットは、何といっても「為替レートが良いときにまとめて必要な外貨を購入しておけば、毎回レートを気にせずに利用できる」ことだと思います。ソニー銀行は為替手数料が安いので、現地で外貨の引き出しができるのはとても便利です。

 

長期滞在の場合は、現地で銀行口座を開設する方も多いのではないでしょうか。わたしも今週口座開設の手続きをしました。学校指定のBank of Irelandです。銀行のキャッシュカードはやはりVisa Debit cardのようです。

手続きが完了したら外貨送金を試そうと考えています。
最近円安なのでユーロ購入は様子見中です…(115円のときに買っておけばよかった…!

為替レートの見極めって難しいですね笑

 

〈おまけ〉為替手数料の比較

円でユーロを購入したときの為替手数料をいくつかの銀行で比較してみました。(2017年6月4日現在)

ソニー銀行 15銭(シルバー 12銭、ゴールド 10銭、プラチナ 8銭)*
新生銀行 40銭(新生ゴールド 32銭、新生プラチナ 20銭)*
楽天銀行 25銭
ジャパンネット銀行 14銭
住信SBIネット銀行 15銭
三菱東京UFJ銀行 (ダイレクト) 25銭(窓口 1円50銭)
三井住友銀行 (SMBCダイレクト) 70銭(店頭・電話 1円40銭)

*残高や取引状況による優遇プログラムがあります

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ
にほんブログ村